クレジットカードの種類

クレジットカードの種類と発行会社

クレジットカードの種類とは、発行会社による特色のことだと思ってください
国際ブランドにより、決済など基本的な機能は変わらないので
付帯保険や優待割引きなど特典において違いが出てきます

発行会社による種類

  • 銀行系カード(三井住友VISA・JCB・DC・UC・シティバンクなど)
    一般に発行枚数が多いが、入会審査は他のカードより厳しい感があります
  • 信販系カード(ニコス・オリコ・アプラス・ジャックス・セントラルファイナンスなど)
    いわゆる月賦販売(ショッピングクレジット)を主たる業務としてきた業界で
    クレジットカードでも分割払いに特色があります
    ニコスの24回払いなどは、その特徴をあらわしてる例でしょう
    赤いカードの丸井も初期の頃から月賦販売を主体として来ましたので
    こちらに入るのかと思います
  • 流通系カード(セゾン・イオン・タカシマヤ・ダイエーOMC・IYなど)
    顧客囲い込みの為に、自店でのお買い物特典などに特色があります
  • メーカー系・航空系カード(マイソニーカード・JAL・ANA)
    流通系と同様で顧客の囲い込みを狙ってますので
    その会社ならではの特典があり航空系のマイルは有名です
  • 石油系カード(出光カード・JOMO・コスモ・ザ・カードなど)
    発行元のガソリンスタンドで利用すると利用額に応じ割引などが受けられます
    ガソリンマイレージでガソリンやオイルや商品と交換出来たり
    ロードサービスがあるのも特徴です
  • 消費者金融系カード
    基本的には消費者金融なのでキャッシングを専門としています
    キャッシング会員カードのオプション的に発行される為に審査も甘いようです
    提携カードとしてハウスカードを積極的にすすめてるので
    そこからの新規顧客の開拓を目的としたカードのようです

国際ブランドより発行会社がポイント

国際ブランドの役割りは決済のネットワークです
このことから、クレジットカードの機能を比較する場合において
国際ブランドより発行会社がどのようなサービスを提供しているか
つまり発行会社の付帯保険や優待割引きなど各種特典が
クレジットカードの選び方としてポイントになります

クレジットカード発行会社とは

クレジットカード発行会社は、カード裏面に記載されている会社のことで
入会から盗難・紛失時の対応や退会にいたるまで
各種サービスやサポートを行い、クレジットカードの付加価値を提供します

ですから国際ブランドをメインとしたクレジットカード選びより
クレジットカード発行会社のサービスを比較すべきなのです

例えば、オリコカードUPtyはマスターブランドでリボカードと言うことも含めて
クレジットカードならVISAという固定観念がある方には不人気ですが

お得なクレジットカードを探してる方やマニアには
高ポイント還元で人気の高い代表的なクレジットカードです

確かに、世界シェアでNo1はVISAインターナショナルですが
最低でも日本国内では全くと言って良いほど意味を持ちません

クレジットカード選びには、発行会社のサポートやサービス
そしてポイントサービスなどを重要視しするべきでしょう