トラブル防止

クレジットカードのトラブル

クレジットカードの不正使用が近年増加しています
では、どのようなものがあるのでしょうか?
ホテルマンとして体験して来た部分も合わせて見てみたいと思います。

トラブルの種類

スリ・盗難

昔からカードに限らず多い手口ですね!
中でも一番多いのが、男性のスーツの上着のポケットから抜き取られるケース
私がが居たお店でも、上着にお財布を入れたままハンガーに掛けて
宴会に夢中になり、その間に抜かれてしまう方が居ました。

お恥ずかしい話で断定は出来なかったのですが
従業員から「上着をお掛けいたします」と言われ上着を預け
そこで、抜かれてしまったと言うケースもありました!
誰しも従業員なら安心しますもんね!
ですから、貴重品は必ず!自分で肌身離さずが基本です!

偽造

ニュースでも多く報道されてるケースで増加している事件です
偽造カードを作ったり、スキミングと呼ばれる機械で、カード情報を読み出し
偽造カードを作成されたりします。どこかのホテルで端末内に無線発信機が
付いた機械を仕組まれて、そこからカード情報を盗み取ると言う事がありました
ホテルのラウンジロビーなどは比較的夜中に入り込みやすいので
狙われたりするのだと思います。元職場の同僚に聞きましたが
最近は対策をしっかりとっているようです。
中には店員がグルになっているようなお店もありますので
カード取扱い時は注意して見ておきましょう

その他

クレジットカードの控えは、必ず自分で持ち帰り処理して下さい
カード控え伝票には、あなたのカード番号など重要な情報が記入されています
よくお客様の中で「要らないから捨てておいて!」なんて方がいますが
この伝票だけで、やろうと思えば色々出来ますからね簡単に!!
そして、ホテルのゴミ箱に捨てていってしまう方も居ます!
そういうゴミを集めに来る悪い人間も居る事をお忘れなく!必ず持ち帰りましょう!

トラブル防止の為に

クレジットカードによるトラブルも、多くは少しの注意で防げるものです
もし被害にあっても、その損害の程度を最小限に留めることも可能です

近年はネットによるクレジットカード被害も多くなりました
これも、ある程度の知識と正し使用をすれば怖いものではありません

ここでは、主にリアルにおける注意点をあげておきます

最低限のトラブル対策

不要なカードは作成しない

不要なカードを多く持っていれば、それだけ管理が甘くなります
落としたり盗まれても気付くのが遅くなり被害の拡大にも繋がるでしょう!
自分が必要で管理できる範囲のカード保持がここでも必要ですね

毎月の明細はチャント確認

カード会社から送られてくる請求書とお店から受取った控え伝票は
必ず照合しましょう!人によっては見憶えない請求が一年間も
引かれていたなんて事もあります!不正利用の発見の為に確認です!

上着のポケットは要注意!

しつこいようですが、上着のポケットはプロからすれば簡単に盗みやすく
しかも本人は気付くまで時間がかかると言う特徴があります。
分からなければ被害届けなどの対応も遅れますので
簡単に盗みにく、自分で認識できるような対策が必要です!
だからと言って車の中において置く、と言う事もしないで下さいね!

男性は、夫婦・恋人と食事に行くような時は、女性に預けておくのも安心です
多くの女性はポーチやバックを持ってますので、食事中などは預けておくのも一つ

トラブルにあってしまったら!

直ぐに連絡!
状況により警察が先か、カード会社が先かが異なりますが
両方に速やかに連絡する事が大切です!
事件なのか自分の不注意で落としたものなのか分からない場合でも
最低限!カード会社には直ぐに連絡して下さい
余計な事を考えてる間に不正利用されてしまいますからね!

覚えの無い請求が来たら

カード盗難保険がありますので、カード会社に連絡して下さい
NICOSなどでは、届けた日の60日前より、届出後60日までの121 日間に
他人に不正使用された損害金を支払ってくれます。