国民年金保険料

国民年金保険料のクレジットカード支払い

国民年金保険料のクレジットカードによる支払いが来年から予定されています

2008年2月より全国の社会保険事務所で申込みを開始し
クレジットカードによる国民年金保険料納付は3月分からの予定です

国民年金保険料、カード納付開始(読売新聞)

では、国民年金保険料をクレジットカードで支払えればお得なのでしょうか?

現在の国民年金保険料の支払いには、口座振替や前納による割引制度があります
毎月納付する口座振替では、月額50円の割引となっており

前納の場合、1年度分を現金で支払う場合2,950円、口座振替は3,940円の割引
6ヶ月分を現金で支払う場合680円、口座振替は940円の割引です

この割引制度とクレジットカードによる還元率を比較する必要があります

平成19年4月からの国民年金保険料は月額14,100円となっていますので
仮にポイント還元率1%のクレジットカードなら還元額は141円
一般的には1,000円につき1ポイント付与ですから140円と言うことになり

月額50円の割引の口座振替よりクレジットカードがお得であることが分かります

問題は1年度分や6ヶ月分を前納する場合です
クレジットカードによる納付の詳細が発表されしだい検討してみます

コンビニでの国民年金保険料支払い

国民年金保険料のクレジットカードによる支払いが開始されるまでは
コンビニの各種料金収納代行サービスとEdyを利用することにより
国民年金保険料の間接的な支払いが可能ですが

公共料金支払いに対してはEdyのショッピングポイントが加算されず
得をするならEdyへのチャージによっての、クレジットカードのポイント獲得です

但し、Edyへのチャージによるポイント付与も、クレジットカード各社で廃止傾向にあり
高還元クレジットカードの中でも、Edyチャージでのポイント付与を継続してるのはライフカードです