病院でもクレジットカード

病院でクレジットカードは使えるか

これまで、病院のクレジットカードによる医療費支払と言えば
歯医者さんや美容整形医療など、高額の自由診療と言われる分野が一般的で
それ以外は一部私立病院でクレジットカードが利用できるのみでした

★病院の医療費も1%割引きのクレジットカードなら⇒⇒⇒P-oneカード

クレジットカードによるメリット

病院でクレジットカードが使える事による一般的なメリットは

  • 給料日前また深夜など手もとに現金がない時でも、安心して診療が受けられる
  • 高額になった場合の医療費でも、分割払い・リボ払いも出来る
  • ポイントサービスにより医療費の割引に繋がる
  • 長い長い、会計待ちの時間が短縮される
  • 医療費をカード決済に統合することで、決済(口座振替)の一本化をし
    家計簿等で管理がしやすくなります

治療を受けてみなければ、自分が考えていた以外の検査等も入り
医療費って、いくら掛かるか分からない部分がありますよね

美容整形や最近評判のレーシックなどは、料金が明示されており
あらかじめ医療費支払に備えることが出来ます

イントラレーシックで評判の品川近視クリニックで19万8,000円(税込)
これだけの現金を持ち歩くのは防犯上も恐いですし不安です

医療費を分割・リボ払い

クレジットカード可能な病院全てで、分割払いやリボ払いが出来る訳ではありません
ですが、家計の都合上どうしてもリボ払いにしたい場合もあります

JCBのArubara(あるばら)・DCカードのJizile<ジザイル>
シティカードのクリアカードなどリボ払い専用クレジットカードなら
支払いの際にカードを使用すれば、自動的に「リボ払い」となりますので
「リボ払い」の取り扱いがない病院でも利用出来るという裏技があります

公共料金などのポイントも重視するなら、オリコカードアプティがお得です
⇒⇒⇒【UPty】オキテ破りの倍率で貯まるポイント

但し、リボ払いの場合は利息でのデメリットがあります
一回払いで良い時にも、リボ払いになってしまうのは困りものですよね

ところが、リボ払いの利息は初回の支払いには掛かりません!
ですから、初回の支払い日がくる前に「ある時払い」で一回支払い
その後に初回の支払いで完済すれば、利息無しの2回で完済します

それは面倒と思う方は、設定返済額を高めに設定してください
つまり月の設定返済額を10万円に指定したとすると
返済日までの利用額が10万円以内であれば無利息の1回払いとなります

ここでも、月の支払指定金額を高めに設定できるオリコカードアプティがお得

また一般のクレジットカードでも、例えばポケットカードのP-oneカードなどでは
後リボなどの利用後リボ払い変更手続きを利用してください

国立病院がクレジットカードに対応

まだ未対応の病院もありますが、段階的に順次導入をしており
国立病院や労災病院では、クレジットカードによる医療費決済導入に積極的です

ですが、国立病院は私達に身近で利用機会の多い病院とは言えません

市立病院クレジットカード対応状況

診療所やクリニックの次に身近な存在の市立病院
以前は地方公営企業法などによって、収納方法が規定されており
クレジットカードによる医療費支払いは不可能でした

ところが、2006年5月に改正地方自治法が可決・成立し11月に施行
この流れを受け、都道府県立・市立病院がクレジットカード導入に動き始めました

現時点(2007年6月)でクレジットカード対応及び導入予定の自治体病院は

都道府県立病院
岩手県、福島県、群馬県、埼玉県、東京都神奈川県、静岡県、愛知県香川県鳥取県
佐賀県立病院好生館

市立病院
青梅市立総合病院浦安市川市民病院川崎市立多摩病院横須賀市立市民病院
新潟市民病院榛原総合病院磐田市立総合病院市立島田市民病院
美濃市立美濃病院名古屋市立城西病院名古屋市立緑市民病院名古屋市立東市民病院
名古屋市立守山市民病院一宮市立病院(市民病院、尾西市民病院、木曽川市民病院、今伊勢分院)
半田市立半田病院大阪市立総合医療センター
公立学校共済組合 近畿中央病院が可能

町田市民病院厚木市立病院大和市立病院平塚市民病院に関しては
入院費用の支払いからスタートをしています

クレジットカード取扱い・窓口の変更の可能性もありますので
ご利用の際はお問合わせの上利用してください