国際カード

国際カードは決済ブランド

国際カードの正体は、クレジットカードの表面のロゴにあります
VISA・Master・JCBの、どれかのロゴがプリントされてると思いますが
これが、いわゆる国際決済ブランドと呼ばれるもので

その条件を定義すると
「国際カードとは、各国間での決済システムと
24時間の売上体制が整備され、世界的に加盟店を拡大する力を持ったカード」

簡単に言えば、加盟店であれば世界中どこでも使用出来るカードです

国際決済ブランドは5つ

国際決済ブランドは、「決済カード」と「Travel&Entertainment」に分けられますが
「決済カード」と呼ばれるのが、VISA・Master・JCBカードで
クレジットカード発行会社にライセンスを発行しています

対して、「Travel&Entertainment(トラベルアンドエンターテイメント)」
「出かける時は忘れずに」のアメリカン・エキスプレス・カード
ステイタース抜群のダイナースクラブカードなどを指し
国際的決済システムから加盟店及び会員獲得まで行っています

日本で唯一の国際カードJCBは決済カードとT&E両方の性格を持っています

国際カードの選択基準

国内で使用する場合VISA・Master・JCBのどれを選んでも
まず不便を感じる事はありませんが

海外となると日本国内と事情が変わって来ます
どちらかの与信システムに問題が発生した場合も想定すると
可能ならばVISA・Master両方持って行くのがベストです

一般的には、ヨーロッパではMaster、アメリカではVISAと言われます
しかし、昔ほどその差はなくなっていますので一つの目安としてください

JCBは、アジアに関しては問題なく使用可能と言えるでしょう
私が上海に一週間ほど滞在した時はJCBでも不便を感じませんでした

Master優勢だった日本の国際カード

その昔、日本の国際カードはMasterが優勢の状況にありました
何故、世界シェアではVISAがNO1なのに日本はMaster優勢だったのか

この状況は銀行業界の競争により発生しました
旧住友銀行が母体となり設立されたのが現在の三井住友カードですが
他の都銀は、この独占状態にアンチ住友の体制をひきMasterの新規会員獲得に走ります
この結果、世界でVISA優勢に対し国内ではMaster優勢という状況が生まれました

今度はVISAが日本国内のシェア奪還のため、銀行系のみに許していた発行を
スペシャルライセンシーとして、特別に流通系カード会社や信販会社に許可します
Masterは、元々流通系にも信販会社にも発行を許していたので
これら、流通・信販系はVISAもMasterも発行できるようになりました

あせったMaster軍団の銀行はVISAの発行権をとりに行きます
これにより、国内のカード会社のほとんどがMaster・VISAの発行をするようになり
日本国内ではVISAもMasterも加盟店が拡大し
そのおかげで、どちらでも不便を感じることなく使用できるようになりました

最近では、武富士、アイフル、アコム 、プロミスなど
大手消費者金融系でも、クレジット機能付きカードを発行してますが
この中で唯一プロミスがJCBで、その他がMasterという事を考えると
VISAの方が敷居が高いんでしょうね

中国在住者向けクレジットカード

国際決済ブランドというシステムで、海外でも不便なくクレジットカードが使用できますが
転勤などにより海外在住し、給料が現地の銀行口座に振込まれる場合は不便な部分があります
特に中国では外国企業によるクレジットカード発行が制限されており
中国在住の日本人は多くのデメリットをかかえる状態です

中国在住の日本人の不便を解消するクレジットカードをセゾンが提供しています
中国銀行を発行主体とする提携カードですので、中国在住者及び予定者は検討してみてください