クレジットカードとは

クレジットカードとは?

クレジットカードとは?簡単に言ってしまえば
お店でのショッピングやキャッシングができ
その利用金額を自分の指定した口座から引落とされる
便利なカードと言うのが一般的なイメージだと思います。

日本では、昭和35年、丸井が月賦のことを「クレジット」と呼んでから
広く使われるようになった言葉です。

キーワードは信用

●なぜ、そのような便利な事が可能なのでしょうか?
カード会社があなたの代わりに支払ってくれるからです!
「当たり前じゃん!」と思うかも知れませんが
カード会社はお店から信用があり、あなたはカード会社から信用がある
つまり相互に「信用」で成り立ってるシステムなのです。

そもそも、クレジットカードの英語のCreditは「信用」を意味しています。
クレジットカードを発行した時点で、クレジットカード会社は
私達に無担保でお金を貸したのと同じなのです。

入会前の審査も!この「信用」を保証するためにあるのだと言えます。

クレジットカード利用の流れ

ショッピングを例にして、お買い上げから決済までの流れを見てみましょう

ダイアを購入

カードで支払い

売上票にサイン(あなた)

カード会社に請求(加盟店)

立替払い(カード会社)

あなたに請求(決済口座から引落し)

上記のような流れでお買い物出来るわけです

クレジットカードの機能

クレジットカードはショッピングなどの決済機能や
特典などを含め大きく5つの付帯機能があります

  • 決済機能
  • キャッシング
  • 付帯保険
  • 各種割引・優待サービス
  • 身分証明

★クレジットカードとは単にジョッピングに利用するものに留まらず
あなたの信用を保証してくれているものでもある!とも言えそうですね